ようこそいらっしゃいませ!

 私たち和歌山県精神保健福祉士協会(旧称:和歌山県精神医学ソーシャルワーカー協会)は1991年5月18日に設立されました。
 精神保健福祉士(精神医学ソーシャルワーカー)とは、精神障害者の保健や福祉に関する専門知識・技術をもって、精神科病院などの医療施設で治療を受けている方や福祉サービス事業所等を利用している方の相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練、その他の援助を行う専門職です。
 精神障害者の人権に配慮しつつ、その適正な医療及び保護を確保し、精神障害者の社会復帰の一層の推進を図るとともに、市町村を中心として推進されるべき施策の精神障害者に対する福祉事業の担い手になるのが、精神医学ソーシャルワーカーの使命です。

協会規約 第3条(目的)

  本協会は、県内の精神医療、保健、福祉の領域で働く精神保健福祉士等の専門職としての資質と社会的地位の向上を目指すとともに、精神保健福祉の推進に寄与し、障害者の全面的な社会参加のための専門的、社会的活動を行うことを目的とする。

file規約全文(2017/05/28改訂版)はこちら(pdf)


おしらせ

◇事務局からのお知らせ
 協会員のみなさまの中には個人でボランティア活動をされていたり、イベント等を主催されたり等、業務以外で活動されている方もいるのではないでしょうか。ご存じの方も多いかと思いますが、この度、社会福祉協議会で加入できるボランティア保険が新型コロナウィルスに対応することになりましたので、ご紹介いたします。
 全国の社会福祉協議会で加入ができ、「ボランティア活動保険」、「ボランティア行事用保険」があります。それぞれで対象者や保険内容は異なります。
※詳細はリンクのその他に社会福祉協議会のホームページを掲載しておりますので、そちらからご確認ください。

◇10月定例研修会(オンライン併用)
※終了しました.
 新型コロナウイルス感染症の予防の観点から、協会員の皆様の健康と安全に考慮し、会場での研修と同時にオンラインでの参加も可能です。
 精神病床より退院された患者の約4割は、1年以内に再入院されています。長期入院患者さんの地域移行もさることながら、いかに地域での生活に定着するかも課題となっています。今回の研修は、入院医療機関から地域に向けて行っているソーシャルアクションや、地域の事業所で行われている再入院を防ぐための取組や工夫、地域住民に働きかけていくPSWの地道な地域実践を3名の方にお話しいただきます。

日時:令和2年10月3日(土)15:30〜17:00
場所:和歌山ビッグ愛りいぶる研修室C
   及び、オンライン(自宅等静かな場所)

内容:「再入院率を下げる!地域定着を支える精神保健福祉士の実践
    〜ソーシャルアクションにつながるヒント〜」
講師:蓬原由梨香(和歌山県精神保健福祉センター)
   高垣明泰(宮本病院)
   上野山花菜(あすなろ)

※オンラインはZoomを使用します。パソコン、タブレット、スマートフォンのいずれか(Wi-Fi推奨)で、Zoomのインストール等事前準備をお済ませください。
※オンライン参加の方は、事前に会員ページ※の当日資料のダウンロードをお勧めします。
※Zoom会議室のリンク(ID,パスワード)は当日までに会員ページ※に掲載します。


◆2020年度総会をオンラインで開催します
※終了しました.
新型コロナウイルス感染症の予防の観点から、協会員の皆様の健康と安全に考慮し、オンラインにて総会を開催します。

日時:令和2年7月4日(土)15:00〜
場所:参加しやすい静かな場所
準備:パソコン、タブレット、スマートフォンのいずれか(Wi-Fi推奨)
※Zoomを使用します。事前に下記のページから事前準備をお済ませください。
※当日、総会前に接続テストを兼ねたお試し会議室とサポートを行います。


◇3月定例会及び基幹研修inわかやまの開催中止について
新型コロナウィルス感染症の感染拡大の現状を踏まえ、受講者・講師・スタッフの健康と安全に考慮し、以下の研修の開催を中止させて頂くことといたしました。
参加を予定していただいていた皆様、研修のお申込みをいただいた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

〇令和2年3月7日(土)3月定例会

〇令和2年3月22日(日)2019年度公益社団法人日本精神保健福祉士協会「生涯研修制度」委託事業 基幹研修inわかやま


◇3月定例会のテーマ変更について
※2月発送のはーもにー(第244号)でお伝えさせていただいた内容から変更となっております。
日 時:2020年3月7日(土)15:00〜17:00
場 所:りぃぶる会議室C(ビッグ愛9階)
内 容:「再入院率を下げる!地域定着を支える精神保健福祉士の実践〜ソーシャルアクションにつながるヒント〜」
講 師: 蓬原 由梨香 氏(県精神保健福祉センター)
      盂澄 明泰 氏(宮本病院)
      上野山 花菜 氏(あすの実)

〜委員からひと言〜
精神病床より退院された患者の約4割は、1年以内に再入院に至っています。また、地域移行の課題は長期入院精神障害者の退院支援もさることながら、いかに地域生活に定着するかが課題となっています。“今”の実践を伝えてもらいながら、現状に慢心することなく、これからの精神保健福祉士に期待されている役割を確認できる機会となっています。
協会員の中にも、事業所の業務に加え、県協会での役割、地域の自立支援協議会や地域団体とともに、“精神障害者にも対応した地域包括ケアシステム”の構築に向けた取り組みを数多く行われています。それらも協会員と共有することで、PSWがこれからできるソーシャルアクションの一助となる機会になればと考えています。
【新型コロナウイルス対策について】
感染症拡大防止については、風邪や季節性インフルエンザ対策に準拠することが推奨されております。
皆さまにもご協力いただきながら、
・アルコール消毒(使用会場へのアルコール消毒液の準備)
・こまめな手洗い
・咳エチケット(マスク着用等)
などを行い、予定通り研修会を実施せていただきたいと思います。
風邪のような症状がある方や、参加を不安に思われている方におかれましては、各自十分に吟味のうえ、参加の有無をご判断いただきたいと思います。



◇基幹研修 in わかやま のご案内
※中止になりました
日 程:2020年3月22日(日)10:00〜17:45
会 場:和歌山県JAビル 11−A(和歌山市美園町5-1-1)


◇県民学習会のご案内
※終了しました.多くのご来場ありがとうございました.
講 演:『本当の依存症の話をしよう』
講 師:松本 俊彦 氏
(国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所薬物依存研究部部長 薬物依存症センターセンター長)
日 程:令和2年1月12日(日)14:30〜16:30
会 場:和歌山県JAビル2階和ホール
申込み:・研修・イベントページ記載のチラシ裏面の申込書をFAX


◇ 2019年度 近畿2府4県PSW合同研修会のご案内
※終了しました.
日 時:2019年11月3日(日)9:55〜16:30(受付9:30〜)
場 所:京都府民総合交流プラザ 京都テルサ
内 容:メインテーマ
   「〜つながろうPSW!支えあおうKinki!〜」
詳細・申込:研修・イベントページのチラシを参照ください


◇ソーシャルワーカーデー2019inわかやまのご案内
※終了しました.多くのご来場ありがとうございました.
日 時:令和元年7月27日(土)13時30分から16時30分(受付開始 13時から)
場 所:和歌山県JAビル2階 和ホール(和歌山市美園町5-1-1)
内 容:メインテーマ
   「ある日突然、運転ができなくなったら・・・〜ソーシャルワーカーの関わり〜」
    第1部(講演) 「交通事故情勢と県警の取り組み」
     講師:加藤 賢治 氏(和歌山県警察本部交通部交通企画課 課長補佐)
    第2部 ソーシャルワーカーによるシンポジウム
     シンポジスト:大向 伸正 氏(済生会有田病院 社会福祉士)
            土井 郁夫 氏(みなべ町社会福祉協議会 社会福祉士)
            長嶝 賢一 氏(国保日高総合病院 精神保健福祉士)
fileチラシはこちら(pdf[504kb])


◇災害研修会のご案内
※終了しました
テーマ:害時に臨床心理士と精神保健福祉士にできることは?
     〜国内外の支援事例をもとに考えてみましょう〜
日 程:平成31年1月13日(日)13:15〜16:30
会 場:和歌山県民文化会館 5階大会議室(和歌山市小松原通1丁目1番地)
内 容:々峙繊 ̄彭 充 先生 (日本赤十字社和歌山医療センター医師)
    ▲哀襦璽廛妊スカッション(是非名刺をお持ちください!)
申込み:研修・イベントページ記載のチラシ裏面の申込書をFAX
締 切:1月7日(月)

県臨床心理士会と当協会の初めての合同企画となります。
研修では災害時の医療ケア支援に深く携わる益田充先生にご講演いただきます。
皆さま奮ってご参加ください。



◇11月定例会のご案内
※終了しました
テーマ:支援者の成長を支える"つながり"
    〜ともにゆらぎ、ともに成長する〜
日 程:平成30年11月10日(土)14:00〜17:00
会 場:田辺市民総合センター4階交流ホール(田辺市高雄1丁目23-1)
内 容:]誕蠶鷆 .瓮鵐織襯吋▲好董璽轡腑yui 磯朱里(当協会副会長)
     ▲哀襦璽廛錙璽(是非名刺をお持ちください!)
申込み:研修・イベントページ記載のチラシ裏面の申込書をFAX
締 切:11月7日(水)

◇専門学修会
※終了しました
内 容:「ピアスーパービジョンを学ぶ」
講 師:金 文美先生(社会福祉法人ふらっぷ 生活介護事業所のんびりハウス)
日 程:平成30年12月9日(日)13:00〜17:00
会 場:和歌山県民文化会館6階 特別会議室B
申込み:研修・イベントページ記載のチラシ裏面の申込書をFAX
締 切:11月30日(金)

◇平成30年度総会での記念講演の資料を会員ページ※に掲載しました。
また、精神障害にも対応した地域包括ケアシステム構築支援情報ポータルはこちらを参照してください。

◇「地方公共団体による精神障害者の退院後支援に関するガイドライン」及び「措置入院の運用に関するガイドライン」について 本・資料の紹介ページにリンクを掲載しました。


◇平成30年度総会
※終了しました
日 程:平成30年6月3日(日)
場 所:和歌山市福祉交流館 あいあいセンター3階 会議室3・4
時 間:13:00〜16:30(予定)
11:00〜12:00 (公社)日本精神保健福祉士協会和歌山県支部総会
13:00〜14:30 和歌山県精神医学ソーシャルワーカー協会総会
14:45〜16:30 記念講演会
  テーマ:「地域包括ケアシステムで精神障害者支援はどう変わるか」
     講師:藤井千代 先生(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 社会復帰研究部部長/医学博士)

◎総会当日は、議案書を忘れずに持参し、ご参加下さい。


◇協会員の援助要請意識と自己効力感・ストレス対処能力に関する調査」を掲載しました.(平成26年11月10日)
会員ページ※をご覧ください


§§会員名簿掲載について§§
会員名簿掲載事項についての電子ファイルはこちら
file会員名簿掲載事項(pdf版)
file会員名簿掲載事項(エクセル版)
file個人情報保護方針(pdf)


◆災害支援活動に関する協定(平成28年3月1日)
はーもにー2015年10月号および10月理事会議事録でお知らせしていたとおり、災害支援活動に関する平常時及び和歌山県における災害時において、連携体制をとれるように、公益社団法人日本精神保健福祉士協会と『災害支援活動に関する協定』を締結しました。
協定書はこちら(会員ページ)


◆要望書を提出しました(平成24年7月25日)
紀南こころの医療センターにおける「一時的時間外精神科救急辞退」について

◆住所や所属先が変更になった場合は事務局まで変更届を提出お願いします。
  変更届はこちら(会員ページ)

本会への入会について

 本会では随時入会を受け付けております。入会資格は(1)精神保健福祉士、(2)行政機関・医療機関・事業所等において専ら利用者、家族等の精神保健福祉に関する相談援助業務に従事している者(精神保健福祉士資格の有無は問いません)です。
 入会を申し込まれる方は file「入会申込書(PDF版)」または file「入会申込書(エクセル版)」 に記載し、事務局まで送付をお願いします。 R2-10-20様式変更


◆2011年6月、日本精神保健福祉士協会全国大会in和歌山は終了しました。
 ご参加いただいた方々、ご協力いただいた方々、ありがとうございました。
全国大会ホームページはこちら


更新情報

 □会員ページを更新しました。( 2020-11-07 (土) 15:04:07 )
 □会報はーもにーを更新しました。( 2020-10-26 (月) 11:25:31 )